南足柄みらい創りカレッジのご紹介

「南足柄みらい創りカレッジ」とは

平時の地域活性化と災害など有事の後方支援拠点開発を目的として、市民と共に産官学が協働し、地域課題に取り組むプログラムを実行する組織です。南足柄市と富士ゼロックス株式会社は、平成27年に「南足柄みらい創りプロジェクトをスタートし、約2年間にわたって地域との関係性強化とプロジェクト活動を共同で推進してまいりました。この取組みを引継ぎ、将来的な地域運営母体となることを目指して、平成29年5月28日に「一般社団法人南足柄みらい創りカレッジ」を開校しました。地域に根ざした持続的なみらい創り(※)活動を行っていきます。

(※「みらい創り」は、地域に関わるみなさまと富士ゼロックスの協働による地方創生活動の総称であり、富士ゼロックスの登録商標です。)

設立の経緯

南足柄市は、東日本大震災後に災害ボランティア用宿泊施設(かながわ金太郎ハウス)を神奈川県が遠野市に開設したことをきっかけに、平成27年に遠野市と「災害時相互応援に関する協定」を締結、大規模災害時の後方支援や広域防災についての研究などにおいて交流を続けています。また、富士ゼロックスは、東日本大震災の復興推進活動をきっかけとした地方創生支援の一環として、「遠野みらい創りカレッジ」を岩手県遠野市で開校、災害時防災研究や地域活性化を支援、さらに自社のコミュニケーション技術を生かした対話手法や、サービス・人材などを活用して地域や社会課題の解決に取り組んでいます。
富士ゼロックスの遠野での取り組みが紹介されたことをきっかけに、南足柄市と遠野市、富士ゼロックスの交流が深まり、地域の活性化を目的にした様々な活動を、地域の皆様が主体となって実践する取り組みとして、市民の皆様や企業、大学、行政が、対話を通じて地域のことを考え、様々なことにチャレンジしていただけるよう、平成27年に南足柄市と富士ゼロックス株式会社が共同で「南足柄みらい創りプロジェクト」をスタートしました。そして、約2年間の地域との関係性強化とプロジェクト活動を経て、将来的な地域運営母体となることを目指し、一般社団法人南足柄みらい創りカレッジが設立されました。

対話会(平成28年3月)

平成29年5月28日 開校式

設立コンセプト

  • 南足柄みらい創りカレッジは、市民協働を推進しながら、課題解決プログラムをおこなうため、南足柄市や近隣地域のさまざまな施設や団体と協業していきます。

平成30年度のプログラム概要(予定)

※予定は変更になる場合が有ります。
南足柄市の総合戦略に準拠し、下記の3つの領域でプログラムの開発、展開に取り組みます。

プログラム領域 目的
交流・協働 市民協働による

まち創り活動

・地域コミュニティ組織の活動や協働事業の支援を通じて、地域支え合いまちづくり活動の活性化を図る
・市民自らが地域課題解決や活性化計画を立案・実践することで、地域の暮らしやすさの向上を図る
人材育成 地域創生を

牽引する人材育成

南足柄を題材に小・中、高、大学生、社会人という層をターゲットにした課題解決型プログラムを提供する
防災 大規模災害時の広域連携における研究 ・地域の人々が防災意識を継続的に高め合うことを通じて、自主防災組織のより円滑な運営と実践を支援する
・地域に暮らす人々が広域防災を実践し、南足柄市を核とした「広域防災県西モデル」を構築する

平成29年度活動紹介

  • 高齢者が安心して暮らせる街づくり

農業体験等で高齢者と各世代が共生し快適で安心感の持てる暮らしを実現する「シェアハウス」、好みのデザインを身につけて頂き認知症の方を地域で見守るセーフティネットを構築する「南足柄市オレンジネット」の実現に向けて活動しています。

  • キッズサマーキャンプ

市の総合戦略骨子である「若い世代を応援し希望をかなえる」のテーマに基づき、市内の子どもたちと市外の子どもたちの交流を深めるために体験型サマーキャンプをコーディネートしました。

  • イノベーションサマープログラム

地域の将来を担う高校生・大学生と海外から来日してきた大学生とで学びあう、イノベーション人材育成プログイノベーションサマープログラムラム。イノベーションを生み出す作法を学んだ上で、地域の問題を真剣に考えることができる人材の育成に取り組みました。

  • 魅力あふれる共生社会の実現支援

専修大リーダーシップ開発プログラムと連携し、「魅力あふれる共生社会の実現支援」に向けた課題探索と地域の協力者との関係作りを目指す企画をコーディネートしました。

  • 魅力発信プログラム

南足柄の価値向上のため、街の魅力を高めるテーマを選定し、最も効果的と想定される形で発信をおこなうプログラム。平成29年度は、テーマの選定までを夏季実施のイノベーションサマースクールにて実施、テーマ(Ten具そば)を受けた発信プロセス事例の開発に着手しました。

  • 広域防災研究会

「広域防災に繋がる地域防災力強化」を目的とし、「防災意識をどう高めるか」に対する課題共有と活動の方向性を県西2市8町防災職員を中心に確認することを狙いとして開催しました。

ページ上部へ戻る