南足柄みらい創りカレッジのご紹介

設立経緯

東日本大震災後、平成23年に岩手県遠野市に神奈川県が災害ボランティア用宿泊施設(かながわ金太郎ハウス)を開設しました。この時、南足柄市が、かながわ金太郎ハウスの「所長」として金太郎のマスコットを遠野市に派遣したことをきっかけに、遠野市と南足柄市の交流は始まりました。平成25年に南足柄市文化会館で遠野市長から防災講演をいただいた際には、富士ゼロックス株式会社から、遠野市のみらい創りカレッジ活動について紹介していただきました。その後、遠野市への訪問や地域づくり講演会などを通じて、南足柄市と遠野市そして富士ゼロックス株式会社の交流が深まり、地域の活性化を目的にした様々な活動を、地域の皆様が主体となって実践する取り組みとして、市民の皆様や企業、大学、行政が、対話を通じて地域のことを考え、様々なことにチャレンジしていただけるよう、平成27年に南足柄市と富士ゼロックス株式会社が共同で南足柄みらい創りプロジェクトをスタートしました。そして、約2年間の地域との関係性強化とプロジェクト活動を経て、将来的な地域運営母体となることを目指し、一般社団法人南足柄みらい創りカレッジが設立されました。

コンセプト

「心と体が潤う場」

  • 南足柄みらい創りカレッジは、市民協働を推進しながら、課題解決プログラムをおこなうため、南足柄市や近隣地域のさまざまな施設や団体と協業していきます。

今年度のカレッジプログラム 概要

プログラム領域 概 要
Ⅰ 協働 市民協働による

まち創り活動

①活動参加者拡大のための情報共有会の実施

②市民リーダ主導でおこなうカレッジの活動主旨に沿うプロジェクトの側面支援

Ⅱ 人材育成 地域創生を

牽引する人材育成

南足柄を題材に小・中、高、大学生、社会人という層をターゲットにした課題解決型プログラムを提供する
Ⅲ 産業創造 心と体に優しい

商品メニュー開発

大学や企業・NPO等と協業し、心と体に役立つ商品メニューの研究開発、ビジネス性検証をおこなう
Ⅳ 防災 災害時後方支援に

関する研究

大規模災害に備え、南足柄を取り巻く地域と広域防災のあり方について、産学官が連携し研究を実施する

施設

女性センターの一角にカレッジ事務所を開設しています。活動は南足柄周辺のフィールドや施設を活用しながら実施していく予定にしております。


ページ上部へ戻る